張り込み

午前5時30分 今日も定刻に張り込み場所に現着
同時刻から張り込みを開始
気温マイナス7度
はく息が白い
午前6時20分、太陽が山の合間から出てくる
雲ひとつない晴天だ。
あとは奴が来るのを待つだけだ。 
刻々と時間は過ぎる

午前6時40分 遅すぎる
午前6時50分 あと10分でこの場を離脱しなければならない
午前7時00分 タイムアウト

今日は、奴の姿すら見ることができなかった。

午前7時00分、何度か現場で顔を合わせたことがある
お母さんから

  「いつもあがるの早いね。」

と言われ、私は、ダウンジャケットのボタンを外し
その下のスーツ姿を、お母さんに見せる。

 「あらら、いってらっしゃい!」

と優しい言葉をもらった。

そんな一言がうれしい今日この頃。
 
トラックバックURL : http://nagapon.exblog.jp/tb/9636406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by katz at 2008-11-12 22:21 x
写真って自分の思うようにはならないですよね。
だから素晴らしい瞬間、たとえば夕暮れの
言葉では表現しがたい色とかに出会うと
感動しちゃうんですね。
そして時間と我を忘れる(笑)
Commented by nagapon2000 at 2008-11-13 20:33
こんばんわ>Katzさん

そうなのですよね。

美しさを感じてほんの一瞬の出来事を
ドキドキしながらファインダーを覗いて
シャッターを切る!

っていうのが、今のところの
私の最高の喜びだったりします。
by nagapon2000 | 2008-11-11 19:04 | 日記 | Trackback | Comments(2)

人生2度目の単身赴任終了  写真時々登山のち雨


by nagapon2000
プロフィールを見る
画像一覧